FDK English

 ホーム > 会社紹介 > 社長よりのご挨拶

 
社長よりのご挨拶

  会社概要
 役員一覧

  お知らせ

  国内拠点
(グループ会社含む)

  海外拠点
(グループ会社)

  FDKの歩み
2010年代
2000年代
1990年代
1980年代
1970年代
1960年代
1950年代
社長よりのご挨拶

 代表取締役社長 大橋 洋一
FDK株式会社
代表取締役社長
大橋 洋一
 暮らしの中で、なくてはならない大切なエネルギー。そのエネルギー需要は個人用、産業用、地域を問わず、年々増加の一途をたどっています。同時に、エネルギーの提供においては環境影響を十分に考慮し配慮することがより強く求められております。
 この二つの社会の要請に対して、FDKは蓄積してきた技術と先進的な研究開発によって、より効率的で安全・安心なエネルギーマネジメントの分野でグローバルに貢献してまいります。

 FDKは1950年に、マンガン乾電池の製造・販売からスタートしました。以来電池材料に様々な工夫を加え、電池材料で培った技術を活かしフェライト事業に進出いたしました。さらにフェライトの素材開発から電源トランス他の電子部品へと事業を拡大し、現在では産業用機器、自動車、モバイル製品、通信機器、サーバー向けなど様々な分野でお客様にご利用いただいております。また、電池事業におきましても高品質なアルカリ乾電池をはじめ煙探知機などに使われておりますリチウム電池、繰り返し充電してお使いいただけるニッケル水素電池のご提供も行っております。ここでも電池の材料、素材の研究開発から取り組んでおり、市販用から工業用と多くの生活シーンでご利用いただいております。さらには電池と電子の技術を融合したシナジー製品として蓄電システム製品や飛躍的な進化を続けるIoTに対応したセンサーデバイスまで手掛けております。

 これらの技術と製品の目指している所、それは私たちの生活に欠かせない電気のエネルギーを如何に上手に創り、蓄え、賢く使うかという、おそらく我々の社会にとって未来永劫のテーマであるエネルギーマネジメントという命題に対して、FDKならではの答えを提供し続けるということです。

 FDKはこれからも材料、素材の持つ無限の潜在力を引き出し、様々な環境の変化に柔軟かつ迅速に対応し、FDKグループが持つ技術を結集して安心で安全な価値ある製品をお客様にご提供し続けることにより、“様々なかたちで社会に貢献できるエネルギーマネジメントメーカー”を目指してまいります。

 このサイトについて | 個人情報保護ポリシー | ソーシャルメディア公式アカウント開設ポリシー | お問い合わせインデックス | サイトマップ
Copyright FDK CORPORATION All rights reserved